秋バテを早く解消する方法!

健康のこと
健康のこと

こんにちは。
ライトスタッフいきいきブログ担当のなばたです。

厳しい暑さが過ぎたのに「身体がだるい」「よく眠れない」といった夏バテに似た症状を感じる方が増えます。
それは「秋バテ」かもしれません。

秋になったのに、なんだか身体がシャキッとしないのよ

どうしてかしら?

秋バテの原因

秋バテの原因として一番多いのが、夏の間に冷たいものを摂る習慣がついて、暑さが過ぎても冷たいものを知らないうちに摂ってしまい胃腸を弱めていることです。
その他には、空きは温度差や気圧の変化が大きく変わるため、自律神経が乱れてしまい、倦怠感や不眠、食欲不振などを招くことがあげられます。

秋になっても何だか元気が出ない人はとても多いです。

特に今年は夏が暑く、安定しない時期が長かったですからね。

早く解消する方法をご案内します!

秋バテ解消法は?

上着や腹巻、ひざ掛けなどで冷えを防止

日中の部屋の中と外の気温で差が大きいと、温度差ができて秋バテの原因となります。
上着やカーディガン、腹巻やひざ掛けなど、体温調節がしやすい服を常備しておきましょう。
冷えを感じる前に温めアイテムの活用をお勧めします。

 

温かい食べ物を摂る

 

冷たい食べ物や飲み物は胃腸を冷やす原因になるので、暑さのピークを超えたら冷蔵庫で冷やしたお茶は摂らないようにしましょう。
早めに温かい飲み物に切り替えることが、秋バテの予防になります。
食べ物も生野菜や夏野菜などの身体を冷やす効果のあるものから、温めて食べる根菜類などにシフトすることで、胃腸の働きをサポートすることに繋がります。

「辛い」「酸っぱい」「苦い」食べ物を食べよう

一般的に刺激物と言われる、辛さ、酸っぱさ、苦さは、適度な刺激であれば美味しさに繋がります。
時に「今日は辛いものが食べたい」と言う気持ちが起きることもありますよね。
その気持ちは、身体がスッキリしたいという表れです。
刺激物は適度であれば、良いデトックス効果をもたらします。
レモンや梅干し、お酢、唐辛子、ゴーヤなど上手に利用しましょう。
刺激物が身体に入ると、体内では「嫌なものが入った」と認識し、排出しようとします。
酸っぱいものを食べて唾液が多く出たり、辛いものを食べて身体が火照ったりするのは、その「嫌なもの」によるものです。
この「嫌なもの反射」が起こると、副交感神経が優位になり、身体がリラックスしてきます。
そして体温が上がり免疫も上がるという仕組みです。

お風呂で温まる

 

身体を温めると自律神経が整い、冷え予防になりますので温度変化による秋バテを防ぐことができます。
また、寝る前の1~2時間に深部体温が上下することで、入眠の準備が整い、寝つきもよくなります。

何だかすぐできる方法がいっぱいだわ!

そういえば、知らないうちに冷たいものを

飲んでいたかも・・・。

まずは、飲み物を変えてみるわ!!

 

 

ライトスタッフがお勧めしたいのはヨモギと笹と松葉で作られた「ヨモギと笹の湯はいいな」です

無添加の入浴剤はなかなかないです。
安心してゆっくりお風呂に浸かって秋バテを早く解消してくださいね。

ヨモギと笹の湯はいいな


LINE公式を始めました(^^♪

お友達になった方には、お友達限定のお得な情報やクーポン情報、新商品情報などを優先的にお送りいたします♪
友達登録してくださいね~~!

友だち追加

どうぞよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

なばた

株式会社ライトスタッフ マネージャー サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、食事やサプリメントなど、体に合った良いものを口にすれば、おのずと病気も遠ざかります。 そして感謝すること、笑顔でいることを大切にすれば、もっともっと元気で過ごせます。 元気になるための小さなエッセンスをお届けいたします。
タイトルとURLをコピーしました