免疫をアップするためにふくらはぎを鍛える

健康のこと
健康のこと

こんにちは。
ライトスタッフいきいきブログ担当のなばたです。

身体鍛えていますか?
年をとってもずっと元気で過ごすために、身体を鍛えることが大切です。
忙しい日々の中で、急に「身体を鍛えなさい」と言われても困ってしまう方も多いですよね。

身体のある部分を鍛えることで、免疫に大きな影響があります。
それは、ふくらはぎです。
身体の中でも、加齢により衰えやすいふくらはぎを意識して鍛えることが重要です。

 

ふくらはぎを鍛える簡単な方法

身体を鍛えることは大切だとわかってはいるもの、日中の動作をエクササイズに変えるのはなかなか難しいものです。
運動する習慣のある人ならまだしも、運動することがすでにハードルである方は、なかなかの難しさだと思います。
仮にできたとしても、毎日同じようにやるのは至難の業。
ですので、運動を始めたはいいけれど三日坊主で辞めてしまった方は多いのではないでしょうか。

そんな人にお勧めなのが、周囲の目を気にせず、自然な動作で「ふくらはぎ」を鍛えるエクササイズです。


やり方はとても簡単で、日常の「立つ」「歩く」と言った動作を「つま先立ち」や「片足立ち」に変えるだけです。
お茶碗を洗いながらとか、電車の中で立っている時、何かの順番待ちをしている時などいろいろな所がエクササイズのチャンスですし、これなら目立たずに「ふくらはぎ」を鍛えることができます。

ふくらはぎを鍛えると免疫が上がるの?

全身の筋肉の中でも、ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれるとても大切な部位で、その筋肉によって下半身に溜まった血液を心臓へと送り返すポンプのような役割を担っています。
つまり、ふくらはぎを鍛えることは、滞りがちな下半身の血流を正常に戻し、全身の血液循環を良くして免疫力を高める効果があるのです。

階段を上るとき、電車で吊革につかまっている時、台所で食器を洗っている時や掃除をするとき、少しかかとを浮かせてつま先立ちにしてみましょう。
毎日のちょっとした工夫で、ふくらはぎが知らず知らず鍛えられます。

 

私の母は、78歳まで食堂を経営していたのでずっと立ち仕事でした。

立ち仕事をしていたので、足腰は丈夫だと思い込んでましたが、

お店を辞めると、結構なスピードで足腰が弱り、歩くことも

ままならなくなりました。

立つことと、足腰が丈夫であることはイコールではないことを

知らされました。

みなさん!歩けるうちにふくらはぎを鍛えてくださいね!
ずっと元気に過ごしましょう。

 

ライトスタッフでは、心と身体をサポートする健康食品を取り揃えております。
良かったら覗いてみてくださいね。

ライトスタッフの健康グッズ

 

LINE公式を始めました(^^♪

お友達になった方には、お友達限定のお得な情報やクーポン情報、新商品情報などを優先的にお送りいたします♪
友達登録してくださいね~~!

友だち追加

どうぞよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

なばた

株式会社ライトスタッフ マネージャー サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、食事やサプリメントなど、体に合った良いものを口にすれば、おのずと病気も遠ざかります。 そして感謝すること、笑顔でいることを大切にすれば、もっともっと元気で過ごせます。 元気になるための小さなエッセンスをお届けいたします。
タイトルとURLをコピーしました