冷え性は洋服の重ね着?靴下の重ね履き?

健康のこと
健康のこと

こんにちは。
ライトスタッフいきいきブログ担当のなばたです。

 

夏がようやく終わり、涼しくなった~~とホッとしていると急にやってくるのが冷え性。
足元やお腹周りなど、秋に気温がぐっと下がると「何だか身体が冷たい」と感じる方も多いですよね。

暖房などに頼らない季節だからこそ、元々冷えで悩む人はこの時期の寒さは辛いものがあります。

そうそう!

急に足先が冷えてしまうことがあるのよね~

そんな寒い状況。
どうやってしのぎますか?
洋服を厚手の生地のものに変えたり、重ね着をしたり、靴下を履いたりすることが一番先に頭に浮かぶかもしれませんね。
もちろんそれでもいいのですが、一番手っ取り早いのは腹巻をすることってご存知でした?

腹巻?

腹巻と言うと、お爺さんがするものって思うけど、

違うの?

最近は若い女性も腹巻を使っている人が多いんですよ!

どうして腹巻なのか?

おへそ周りを手のひらで触ってみて下さい。
おへそより下の腸が冷えていませんか?
女性に案外多いのが「お腹冷え」と言われる冷え性ですが、冷えていたらそれに当てはまるかもしれません。

 

お腹はカラダの中心。大事な臓器が一挙に集まっているところです。
そのお腹の冷えを改善して温めることで、臓器も温まり、臓器の働きが活発になり、血流がよくなり代謝も上がります。
身体の中心から手足のすみずみまで、血の巡りが良くなり、冷えが和らぎます。
その血液も腹巻で温められた血液ですので、温かい血液が身体を巡ることで身体の冷えを防ぎます。
腹巻はカラダの中心にある内臓を、外から温め、血液までも温めてくれる強い味方なのです!
末端冷え性の改善や便秘解消、生理痛緩和にも効果的です。

つまりは、冷えている血液を手先などの末端で温めるよりも、温かい血液を体に巡らせるほうが冷えを予防できるのです。

薄いタイプの腹巻を選べば、着ぶくれすることがなく、身体を動かすことの邪魔にはなりませんから、生活の支障は全くありません。

腹巻は長くつけていると、

体温を調節する働きが弱くなるって聞いたんだけど・・・。

1日中つけても問題はないですよ。

体温調節には、自律神経や血流、筋肉、ホルモン、

代謝など多くのものが関わるため、

腹巻きだけが原因で体温調節に不具合が起こる

ことはないので安心してくださいね。

 

最近は、いろいろな素材の腹巻が販売されていますよね。
ライトスタッフがお勧めするのは ヌースフィット ボディウォーマー です。

柔らかくつけた時に包まれている安心感を感じます。
薄いのにしっかりお腹周りをカバーしてくれて、どんな体型にもフィット!
血流を妨げず、保湿性や通気性に優れているのでずっと安心して着けていられます。

広げて、胸からお腹の下までカバーすることもできますし、

首に巻くこともできます。
着けたまま寝ると安心して眠れる~~~と言う方も続出!

今年の寒い季節は、ヌースフィットボディウォーマーで温かくして過ごして下さい!

 

 

LINE公式を始めました(^^♪

お友達になった方には、お友達限定のお得な情報やクーポン情報、新商品情報などを優先的にお送りいたします♪
友達登録してくださいね~~!

友だち追加

どうぞよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

なばた

株式会社ライトスタッフ マネージャー サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、食事やサプリメントなど、体に合った良いものを口にすれば、おのずと病気も遠ざかります。 そして感謝すること、笑顔でいることを大切にすれば、もっともっと元気で過ごせます。 元気になるための小さなエッセンスをお届けいたします。
タイトルとURLをコピーしました