歯磨きをしっかりして、風邪やインフルエンザ予防!

健康のこと
健康のこと

こんにちは。
ライトスタッフいきいきブログ担当のなばたです。

今日はハミガキの話です。
しっかりハミガキをしないと感染リスクが高まるのをご存知でしょうか。

ハミガキと風邪、インフルエンザとは関係あるのかのう?

風邪やインフルエンザの季節だけでなく、

普段から歯磨きをしっかりすることで

いろいろな病気のリスクを減らすことができます。

 

免疫を脅かすプロテアーゼ

口の中のケアを怠ると、虫歯や歯周病になるだけでなく、免疫バリアも壊されてしまいます。
原因は誰の口の中にも存在するプロテアーゼというたんぱく質分解酵素です。
プロテアーゼには様々な種類があり、多くの食材に含まれています。

しかし、プロテアーゼを含む食材を食べると粘膜の表面が壊れるというわけではありませんよ。
免疫を脅かすのは、口の中の細菌によって増えてしまったプロテアーゼです。

口の中では、歯ブラシでは摂り切れなかった食べ物のカスをエサにして、細菌が繁殖します。
そうして出来上がった歯垢の中には、1mgあたりで多い人で10億個の細菌が棲みついているのです。
驚きの数ですよね。

これらの細菌のうち、歯周病菌などの病原菌がプロテアーゼをどんどん増やしてしまうのです。
また、口の中の病原菌は歯茎の血管から身体の中に入って身体をめぐり、脳や心臓、腸などに大きな病気を作ってしまうので注意が必要です。

大切なのは毎日のお口のケア

免疫システムの第一番目の壁である「粘膜細胞」は、たんぱく質からできています。
たんぱく質はアミノ酸分子が繋がることで出来ていますが、プロテアーゼはそのアミノ酸のつながりを切ることで、たんぱく質の表面を柔らかくします。
その結果、粘膜細胞の表面が壊れ、ウイルスが侵入しやすいようになり、インフルエンザなどにかかりやすくなったり、重症化を招きやすくなります。

お口の中のケアは糸ようじや歯間ブラシをプラス

免疫バリアを守るためにも、歯ブラシだけでなく、糸ようじや歯間ブラシも一緒に使って、歯垢をしっかり除去することが大切です。
歯ブラシだけは約60%のプラークしか除去できませんが、組み合わせることで95%まで除去率を上げることも可能です。

風邪やインフルエンザ予防のために、手洗い、うがい、マスクだけでなく、口の中のケアもしっかりやりたいですね。

 

風邪や病気になりにくいように口の中をきれいにしようかのう!

毎日の地道なケアが大切です。

もうすでに自分では取り切れない歯垢がある場合は、歯医者さんにも協力してもらって常にきれいにすることを心がけましょう。

 

 

 

 
ライトスタッフでは、心と身体をサポートする健康食品を取り揃えております。
良かったら覗いてみてくださいね。

ライトスタッフの健康グッズ

 

LINE公式を始めました(^^♪

お友達になった方には、お友達限定のお得な情報やクーポン情報、新商品情報などを優先的にお送りいたします♪
友達登録してくださいね~~!

友だち追加

どうぞよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

なばた

株式会社ライトスタッフ マネージャー サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、食事やサプリメントなど、体に合った良いものを口にすれば、おのずと病気も遠ざかります。 そして感謝すること、笑顔でいることを大切にすれば、もっともっと元気で過ごせます。 元気になるための小さなエッセンスをお届けいたします。
タイトルとURLをコピーしました