健康のために、お風呂の温度は何度ぐらいがいい?

健康のこと
健康のこと

熱いお風呂にさっと入るのが好きな方、ぬるめのお湯にゆっくり浸かるのが好きな方、好きな方設定温度は好みもあると思いますが、何℃にしていらっしゃいますか。

こんにちは。
ライトスタッフイキイキブログ担当のなばたです。

お風呂も健康にいい温度があります。
40℃のお風呂に10分浸かるのと、36度のお湯に20分浸かるのではどちらがいいのでしょうか。

答えは40℃のお風呂です!

40℃のお風呂からで良くなる2つのコト

一つ目は免疫が上がる
40℃のお風呂に10分浸かると、体温が約1℃上がります。
体温を1℃上げるだけで、免疫力は5倍以上も高くなると言われています。

体温が高くなると血液の流れが良くなり、血液だけでなくリンパの流れもスムーズになります。
普段、リンパの事を考えることはないかもしれませんが、リンパ管を流れるリンパ球は免疫細胞の働きを高める重要な働きをします。
この流れが良くなれば、免疫が上がるのです。

二つ目はがん細胞の増殖を抑制する
人間の身体にはおよそ37兆個の細胞があります。
1秒間に、なんと4000万個の細胞が生まれ変わっています。
その中でもちょっとミスをしてしまうことがあって、1日に5000個はがん細胞が生まれます。
どんなに元気な人でも、がん細胞が生まれては絶え、生まれては絶えを繰り返します。
ガン化しないためには、体温を常に上げておくことです。

理想の体温は36.5℃~37℃です。
もし低いようなら、なるべく体温を上げる努力をしましょう。

お風呂でもっと健康力をアップ

お風呂は1日の疲れをとる癒しの場です。
体の汚れを落とすという目的よりも、疲れを癒したり、体温を上げることが大切です。
食事や運動ももちろん有効ですが、体温を上げる一番簡単な方法はお風呂に入ることです。

お風呂効果をもっともっと高めたい方は、入浴剤やお風呂グッズを上手に利用しましょう。

ライトスタッフの入浴剤は、無添加の入浴剤です。
北海道の原野の最も生命力に満ちた大地の力を吸収した「オオバエゾヨモギ」と「くまい笹」に「松の葉」を混ぜた100%天然素材。

この入浴剤で温まると、芯からポカポカして、足が冷たくなりやすい冬も安心との声がたくさん寄せられてます。
使い方は簡単!
お風呂に袋に入った入浴剤を入れるだけ!

無添加の入浴剤で体温を上げましょう!

ヨモギと笹の湯はいいな

The following two tabs change content below.

なばた

株式会社ライトスタッフ マネージャー サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、食事やサプリメントなど、体に合った良いものを口にすれば、おのずと病気も遠ざかります。 そして感謝すること、笑顔でいることを大切にすれば、もっともっと元気で過ごせます。 元気になるための小さなエッセンスをお届けいたします。
タイトルとURLをコピーしました