毎日の緑茶で認知症予防をしましょう!

健康のこと
健康のこと

こんにちは。
ライトスタッフイキイキブログ担当のなばたです。

毎日緑茶飲んでますか?
食後に緑茶をたしなむ習慣は、古くからある日本の食文化です。
でも最近は、飲み物の種類が多くあって、食後に緑茶を飲む機会が減っているようです。
急須で淹れて、時間を置いてゆったり飲む・・・そんな時間を楽しむことも減っています。

 

それはとってももったいない!!
緑茶の凄さをのぞいてみましょう。

緑茶の効果

緑茶に含まれるカテキンという成分の他、ビタミンC、Eなどが豊富に含まれています。
カテキンには、非常に高い殺菌効果もあります。
細菌やウイルスを退治して免疫力を上げてくれます。
今の時期、緑茶を味方につければ鬼に金棒ですよね。

 

 

最近は緑茶の他の健康効果がよく知られるようになってきました。
動脈硬化、高血圧や糖尿病、風邪などを防ぐ効果や美肌効果なども有名です。
中でも認知障害を防ぐという作用が注目されています。
アルツハイマー病の原因とされるアミロイドβ。
脳の中に溜まると認知症になると言われているんですが、このアミロイドβを緑茶が減少させる効果が1日2杯以上飲むと効果があると言われています。

 

 

認知症予防や生活習慣病を防ぐには毎日の食生活からです。
日本の緑茶をもっともっと活用しましょう。
それは緑茶を飲むだけでなく、ゆっくり淹れる時間を楽しむという、「ゆとり」も含めて大切にしましょう。

 

緑茶は、ペットボトルでなく、自分で淹れて飲んでくださいね。
お湯を沸かす、適温まで冷ます、美味しく淹れる、お茶を飲みながら楽しい話をするなど、カテキンのチカラだけでなく、一連の流れも脳の活性化になります。
もし、緑茶を飲むと眠れなくなる人は、午前中に飲んだり、二番茶を飲むなどしてみてくださいね。

 

ライトスタッフでは、元気で過ごすためのアイテムをたくさん用意してます。
ご覧くださいね~~~
イキイキ生活通販

The following two tabs change content below.

なばた

株式会社ライトスタッフ マネージャー サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、食事やサプリメントなど、体に合った良いものを口にすれば、おのずと病気も遠ざかります。 そして感謝すること、笑顔でいることを大切にすれば、もっともっと元気で過ごせます。 元気になるための小さなエッセンスをお届けいたします。
タイトルとURLをコピーしました