お酢を利用して骨粗しょう症予防をしましょう!

健康のこと
健康のこと

こんにちは。
ライトスタッフイキイキブログ担当のなばたです。

年齢を経ると心配なのが骨粗しょう症ですね。
特に閉経後の女性は、気を付けなければならない病気の一つです。

簡単に骨粗しょう症の予防をしちゃいましょうという話です。

 

どうして骨がスカスカになるの?

骨がスカスカになってしまう骨粗しょう症は、閉経後にエストロゲンというホルモンの減少によって起こります。
エストロゲンの働きは、女性らしい体をつくったり、生理などをコントロールしますが、骨とも大きく関わっているんです。
骨は、ずっと同じ骨があるのではなく、古い骨を壊して新しい骨を作って、いつも新陳代謝を繰り返しています。
骨を壊すことを最小限にして、新しい骨を作る細胞を作る働きや、食べ物や日光浴で体の中に取り入れたビタミンDを有効活用するのもエストロゲンの働きです。
エストロゲンがたくさんあって、十分分泌されていれば、骨の心配はあまり無いのですが、女性は閉経期を境に、エストロゲンがグンと下がり、若いときと同じ生活をしていると、骨が弱くなってしまうのです。
そこでお酢がお勧めです。

どうしてお酢なの?

酢には、酢酸という成分が含まれます。
食品の中に含まれるカルシウムを体内に吸収される酢酸カルシウムに変えて、カルシウムの吸収をアップする働きがあるんです。
小魚をそのまま食べるより、お酢に少し付けた小魚を食べるほうが効率がいいわけです。
魚を煮るときに少し加えたり、手作りジュースやスープに加えるだけで、効率よくカルシウムが摂れます。
また、酢に含まれるグルコン酸は、善玉菌の大好物のエサで、毎日摂取すると腸内環境が改善されたりと一石二鳥です。

料理が苦手なら、そのまま飲めるフレーバー酢もあるので、それを利用してみてはいかがでしょうか。
毎日酢を取ることで、食べたカルシウムを効率よく吸収できます。

 

お酢をもっと活用しよう!

ご存知のように、お酢は昔からある健康調味料です。
上手に使えば、骨粗しょう症や風邪の予防、疲労回復や免疫回復など、様々な健康効果が期待できます。
近所に住む86歳の元気なおばさんは、いつも煮干を手作りの酢につけて、おすそ分けしてくるんです。
元気な人は、元気になる習慣を続けているんだな~~と感心させられました。
未来の丈夫な骨のために、お酢を使っている人は、そのまま継続して、使っていない人はお酢を使う習慣を始めてみてはいかがでしょうか。

 

骨粗しょう症は、知らないうちに骨がスカスカになる怖い病気です。
体の自由が効かなくなるだけでなく、転倒などにより長く入院すると、認知症までも引き起こす可能性があります。
骨を丈夫にするために、毎日の食事にちょっぴりお酢の料理も加えてくださいね!

 

 

カルシウム不足が心配!
でもなかなかカルシウムを摂れない!
とお悩みの方はサプリメントを利用してみてはいかがでしょうか。
お勧めのカルシウムサプリはコチラです。プラチナコーラル

 

 

The following two tabs change content below.

なばた

株式会社ライトスタッフ マネージャー サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、食事やサプリメントなど、体に合った良いものを口にすれば、おのずと病気も遠ざかります。 そして感謝すること、笑顔でいることを大切にすれば、もっともっと元気で過ごせます。 元気になるための小さなエッセンスをお届けいたします。
タイトルとURLをコピーしました