ずっと元気で動き回れる膝を育てよう

健康のこと
健康のこと

こんにちは。
ライトスタッフの名畑です。

先日電車の中で歩いていたら、人を避けようとして膝をグギッとしてしまいました(笑)
電車の中で歩いたのがいけないのですが、痛いのがしばらく続いて、膝痛の大変さを痛感しました。

要介護になる原因第一位

歳をとるとどうしても痛くなってしまうのが関節疾患です。
ひじや膝などの関節痛を抱えているのは、50歳以上の女性は75%、男性ですと54%の方で、日本では3000万人と言われています。
関節痛の初期段階は立ち上がりや歩き始めなどの動作を開始する時に痛みますが、だんだんと進行していくと安静時にも痛むようになります。
また、関節が変形して歩行さえも困難になり、好きな場所に行くことさえも阻まれます。
階段の上り下りや歩行といった日常動作や膝の曲げ伸ばしや起立動作といった基本的動作にも支障をきたすようになります。
実はこの関節症は、要介護が必要となってしまう第一の原因なのです。

関節疾患の原因は?

老化や肥満、外傷など様々な原因がありますが、一番の要因は膝の関節軟骨がすり減ってくるためです。
一般的には一度すり減ってしまうと、元に戻るのは難しいとされています。
若い方であれば、関節の弱さを周りの筋肉を強くすることで、関節痛を回避することもできますが、年齢を経ると筋肉を鍛えるのは少し難しいですよね。

どうして年をとると痛くなるのか

コンドロイチンという言葉を、CMとかでもよく耳にしますね。
ギリシャ語で「軟骨」という意味です。
名前の通り、身体の中でたんぱく質と結びついて、軟骨や関節の結合組織の三分の一を占めて、潤滑剤の働きをしています。
皮膚や身体の臓器にも広く分布して、様々な役割を果たしています。
若いときには、体内で作られるので不足しないのですが、年齢を重ねると生産されにくなるため、必要量が足りなくなり痛みが生じてしまいます。

食べ物から摂りましょう

潤滑剤が不足することで、関節痛や神経痛、五十肩などを引き起こします。
身体の中で作られないのなら、食べ物で補うのが良いですよね。
納豆や山芋、オクラ、めかぶ、ナメコ、モロヘイヤ、海藻、ふかひれ、すっぽん、ウナギなどに多く含まれます。
ネバネバが関節に良いですよ。

それにプラスして小魚を食べれば、カルシウムやたんぱく質もプラスして摂れます。
毎日一品取るだけでも数年先の、コンドロイチンとカルシウム貯金で身体のスムーズな動きが違ってきます。
コンドロイチンは、たんぱく質と共に連れ立って働くので、たんぱく質と共に食べてくださいね。

刺身にオクラやめかぶを添えたり、マグロ納豆や、マグロのたたきを山芋と一緒に食べたり、バリエーションを楽しんで、関節痛を予防しましょう!

シシャモに粉チーズを振りかけて食べても関節にいいですよ。

 

サプリの力も借りましょう

食べ物で摂れれば一番いいですが、同じものを毎日毎日食べるとなると、大変さも感じてしまう方もいらっしゃるのでは。
そんな方はサプリの力を借りましょう。
関節に効く成分は、プロテオグリカン、コンドロイチン、コラーゲン、N-アセチルグルコサミンなどです。
あなたに合ったサプリに出会ってくださいね。

そして人生の後半の愉しみのダンスやゴルフ、旅行、ウォーキング等をずっとずっと楽しんて下さいね。

 

たんぱく質不足が心配な方は、こちらもお勧めです。

サイモンプロテイン

 

 

 

The following two tabs change content below.

なばた

株式会社ライトスタッフ マネージャー サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、食事やサプリメントなど、体に合った良いものを口にすれば、おのずと病気も遠ざかります。 そして感謝すること、笑顔でいることを大切にすれば、もっともっと元気で過ごせます。 元気になるための小さなエッセンスをお届けいたします。
タイトルとURLをコピーしました