気になる冷え性!水分の取り方で体が変わる♪

健康のこと
健康のこと

こんにちは。
ライトスタッフいきいきブログ担当のなばたです。

女性に特に多い冷え性。
足先や指先など末端が冷えてお困りの方が多くいらっしゃいます。
「水は1リットル飲みなさい。2リットル飲みなさい」と水飲みの健康効果は多くの場所で言われることが多くなりました。
でも、あなたのおなかは、反対に水分の摂り過ぎで冷えてませんか?
水分の取り方によって冷え性が改善する方が多いようです。

指先や足先が冷えて困っているの
何とかならないかしら

 

 

身土不二

身土不二と言う言葉をご存知でしょうか。
「身と土、二つにあらず」、つまり人間の体と人間が暮らす土地は一体で、切っても切れない関係にあるという意味の言葉です。
その土地と身体は全く別ものではない。
その土地で出来た食べ物ををいただくことで私たちは健康になるという考えです。

人間も暑い所で暮らしている人、寒いところで暮らしている人では、体質や性格なども違いがありますよね。
同じように食材も地域によって性質が異なります。
例えば暑い所で暮らす人は、果物や香辛料などを良く食べますよね。
果物や香辛料も暑い場所で取れるものです。
その土地で採れた食べもので過ごすことで、その土地に合った過ごし方が出来るのです。

身土不二のもの以外は口にしない方がいいの?

かといって、日本人は日本で作っていないものは、口にするのはやめようというのは無茶な話。
口にするタイミングだったり、バランスが大切なのです。


海外産のものの場合は、少し時間を考えてみましょう。
例えばコーヒーは暑い所で育ちます。
日本人が飲むとしたら、1日何杯も飲むのではなく、朝か昼に飲む方がいいですね。
夜に飲むと交感神経が活発になり眠れなくなったり、体を十分休めることができません。
朝か昼であれば代謝をよくする作用があるのでお勧めです。

果物も元々は海外で作られたものが多いですよね。
果物も夜に摂りすぎると身体を冷やしてしまうので、朝や日中に摂りましょう。

冷たい飲み物はどう飲んだらいい?

水分補給に気を付けていると言いながら、冷えたお茶やミネラルウォーターをがぶ飲みしていませんか?
水分を一気に摂ると、腎臓が無理に働かせられて疲れてしまいます。
腎臓が疲れると身体が冷えてしまいます。
腎臓も冷えに弱い臓器ですので注意しましょう。
もし、冷たいものを飲むのであれば、一口は冷たいものを飲んでも、二口目からは口に含んで少しずつゆっくりゆっくり飲みましょう。

のどが渇いたからと言って冷たい飲み物を

一気に飲むと体に負担がかかるのね

お勧めの水分補給の種類は?

夏でもできれば常温の飲み物を少しずつ口にして細胞を潤しましょう。
夏=冷たい飲み物とばかり思っていませんか。
夏の暑いときに熱いお茶を飲んでも案外さっぱりするものです。
また、汗をかくからと言ってスポーツドリンクを摂りすぎると糖化が心配になりますのでほどほどにしましょう。

秋から冬、そして春にかけては3年番茶やほうじ茶がお勧めです。
3年寝かせた番茶やほうじ茶は、緑茶よりも体を温める働きがあります。
ほうじ茶も番茶も緑茶と同じ木から取れます。
緑茶の成長した茶葉と茎を天日で干して、火入れして焙煎します。
天日で干したり焙煎する分、番茶やほうじ茶は緑茶よりも温める働きが強いのです。

毎日飲む飲み物の種類や飲み方で困った症状も軽減していきます。

水分補給するならば、体をなるべく冷やさない作用のものを選びましょう。

ライトスタッフでは、皆様の元気を応援する商品を取り揃えております!元気アップのためにご覧くださいね~~♪健康応援グッズ

The following two tabs change content below.

なばた

株式会社ライトスタッフ マネージャー サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、食事やサプリメントなど、体に合った良いものを口にすれば、おのずと病気も遠ざかります。 そして感謝すること、笑顔でいることを大切にすれば、もっともっと元気で過ごせます。 元気になるための小さなエッセンスをお届けいたします。
タイトルとURLをコピーしました