あなたの免疫力はどれくらい?

健康のこと
健康のこと

こんにちは。
ライトスタッフいきいきブログ担当のなばたです。

病気を予防してくれたり、万が一病気になったとしても重篤になることを防いでくれる免疫。
そんな大切な働きをしてくれる免疫ですが、あなたの今の免疫はどれくらいかをご存知でしょうか?

お医者様にかかってないから分からない

 

 

そんな声が聞こえてきそうですので、

自分の中の免疫を簡単にわかる方法をお伝えします♪

免疫力は医学用語ではない

一般的に使われる「免疫力」と言う言葉ですが、医学用語ではありません。
クリニックや病院で「免疫力を測ってください」と言っても、測定できるものではないのです。

血液検査で、、免疫を担う細胞である白血球の数やリンパ球の数を測定することはできます。
しかし白血球の数の多い人、少ない人はいますが、それは免疫の高い人、低い人とイコールにはなりません。
免疫力を担っている白血球の数が十分にあっても、それぞれの働きが低かったらどうでしょう。
多ければいいものではないので、数値では測れないのです。

 

自分の免疫を知るには?

大まかであればすぐにわかります。
例えばいつもと同じ家事をこなして、遠出をしたわけでもないのに、何となくだるい、なかなか疲れが取れないという時は、やはり免疫が下がっています。
食欲が無いときも同じく免疫が下がっているバロメーターになります。

 

ほうほう、そんなことでも免疫ってわかるんじゃな
その他にはあるんかのう!

毎日鏡で舌をチェック
舌は身体の状態をよく表します。
漢方では、舌を診る「舌診」があります。
健康な舌はふっくらと適度な厚みがあり、みずみずしいピンク色です。
舌の表面が厚い苔で覆われていて白かったり、腫れぼったかったり、色が悪いときは免疫力が低下している証拠です。

舌の状態は自分でも見ることができるので、顔を洗ったり歯磨きをするときに鏡でチェックしてみましょう。
免疫は朝と夜でも違いますし、日々刻々と変わるものです。
毎日チェックすることで、舌をパッと見ただけで何となく自分の体の状態が分かり、早めのケアができます。

 

口内炎
免疫が下がっているときは口内炎ができやすくなります。
唾液中にはヘルペスウイルスなどのウイルスが常在し、一日の中でも量が増えたり減ったりしています。
普段は身体の免疫力によって、口内炎が出来るのを抑えられますが、免疫力が低下すると、ウイルスの量が増え、口内炎が出来るのです。

同じように風邪の引きやすさ治りやすさにも免疫力が表れます。
誰でも風邪を引きますが、1年のうちに何度も風邪を引いたり、風邪の治りが悪いことも免疫力の低下が原因です。

口内炎ができやすかったり、

舌の状態が悪いときはどうしたらいいかのう

よく休む、バランスの良い食事をよく噛んで食べる、

お笑い番組などを観るなどもいいですよ!

 

ライトスタッフでは、口内炎をケアし炎症を抑える液状サプリもご用意しております。
気になる方はご覧ください。
ヨモギと笹のエッセンス

LINE公式を始めました(^^♪

お友達になった方には、お友達限定のお得な情報やクーポン情報、新商品情報などを優先的にお送りいたします♪
友達登録してくださいね~~!

友だち追加

どうぞよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

なばた

株式会社ライトスタッフ マネージャー サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、食事やサプリメントなど、体に合った良いものを口にすれば、おのずと病気も遠ざかります。 そして感謝すること、笑顔でいることを大切にすれば、もっともっと元気で過ごせます。 元気になるための小さなエッセンスをお届けいたします。
タイトルとURLをコピーしました