夏枯れ肌に注意しましょう!

お肌・髪の毛のこと
お肌・髪の毛のこと

こんにちは。
ライトスタッフいきいきブログ担当のなばたです。

夏本番ですね
今年はコロナで外出もままならないですが、外出しないからと言って保湿を怠っていませんか?
夏は汗をかくので、潤っているように見えがちですが、皮膚の下は乾燥でカラカラ!
そのまま夏を過ごすと、秋には乾燥がひどくなるので、夏のうちにお肌のケアをしませんか?

夏はどうして乾燥するの?

乾燥していないようで、じつは乾燥が進んでいるお肌。
その原因は何でしょう。

原因1:大量の汗

人間は、暑いと汗をかいて体を冷やそうとします。
普通の暑さなら問題はないのですが、35℃以上の猛暑日が続くと、自然と汗が出る量も増えて、滴り落ちるような感覚がすることもまれではなく、肌の中はカラカラになります。
と言うのも汗と一緒に健やかな肌を構成している成分までも汗と一緒に出てしまうからです。
汗を拭く回数が増える分、肌の水分も奪われることになります。

原因2:さっぱりスキンケア

夏になるとベタベタしないようにさっぱりしたスキンケアをしがちになります。
化粧水は普通につけるけど、乳液やクリームでのお手入れは省いてしまったりする方が増えます。
でも夏の肌はカラカラ状態。
どんなに化粧水をしっかり入れたとしても、油分でフタをしないと潤いがますます逃げてしまい、カラカラ度合いが進みます。

原因3:栄養不足

夏になるとさっぱりしたものが食べたくなり、お昼はそうめんだけで済ませたり、口当たりの良いシャーベットやジュースで何となくしのぐ方も多くなります。
食事量が減ると、たんぱく膣や脂質、ビタミンやミネラルなど生きるために必要な栄養素が不足し、夏バテを起こしやすい体になります。
お肌にも栄養が回らす、乾燥が進んでしまうことに。

その他にも紫外線を浴びることや冷房の効いた部屋で過ごすことなどの普通のこともお肌の乾燥を進ませます。
このように夏は肌にとって危険な季節なのです。

夏に肌の乾燥を進ませないために

毎日短い時間でもいいので、1日の終わりにはなるべく湯船に浸かるようにしましょう。
湯船に浸かることで、血液循環がスムーズになって、肌に潤いが届きやすくなり乾燥しにくくなります。
またお風呂では、温めたタオルを顔にのせさらに血行を促進させましょう。

お風呂から上がったら、化粧水をしっかりと肌に馴染ませ、最後には必ず乳液やクリームなどの油分でフタをしてスキンケアをしてください。
ベタツキがどうしても気になる方は、さっぱりタイプの乳液などを選びましょう。

肌表面がしっとりしていて自覚しづらい分、夏から秋にかけての乾燥は冬の乾燥より厄介です。
暑さと紫外線量がどんどん上がっていく今から乾燥を徹底的にブロックしておけば、一年中ハリ・ツヤ・うるおい・透明感のそろった美肌でいられるはずです。
今から始めてみましょう。

 

 

ライトスタッフがお勧めする入浴剤は「ヨモギと笹の湯はいいな」です。
ヨモギとクマイ笹、松で作られた添加物の一切入っていない入浴剤ですので、血行を良くすると同時に皮膚トラブルの改善も期待できます。
ヨモギは高い保湿力があるため乾燥しがちな夏の肌にピッタリ。
これでしっかりと温って血行を促進して、お肌を乾燥から守りましょう。

夏の肌の乾燥が気になる方はお試しくださいね。

ヨモギと笹の湯はいいな


LINE公式を始めました(^^♪

お友達になった方には、お友達限定のお得な情報やクーポン情報、新商品情報などを優先的にお送りいたします♪
友達登録してくださいね~~!

友だち追加

どうぞよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

なばた

株式会社ライトスタッフ マネージャー サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、食事やサプリメントなど、体に合った良いものを口にすれば、おのずと病気も遠ざかります。 そして感謝すること、笑顔でいることを大切にすれば、もっともっと元気で過ごせます。 元気になるための小さなエッセンスをお届けいたします。
タイトルとURLをコピーしました