夏は汗に隠れて乾燥肌が進んでいる?

お肌・髪の毛のこと
お肌・髪の毛のこと

こんにちは。
ライトスタッフいきいきブログ担当のなばたです。

夏は汗をかくため、肌がべたべたしていることが目立つため、乾燥していないと錯覚しがちです。
夏の肌は、ベタベタ肌の下は乾燥が進んでいるのをご存知でしょうか。
その肌をそのままにしておくと、秋口にはもっと乾燥が進むことになってしまいます。
乾燥が進む前にケアをして潤いのある肌をキープしましょう。

夏の肌の乾燥の原因は?

その1:紫外線
夏はさまざまなシーンで紫外線に肌をさらす機会が多くなります。
ちょっとそこまで、ベランダで洗濯を干すなどの小さな積み重ねでも乾燥の原因になります。
日焼けをすると肌は火傷をしたような状態になるので、肌に蓄えていた水分が蒸発し、乾燥状態に陥ってしまいます。
日焼け後の肌は、かなり燥肌した状態になります。

その2:エアコンによる乾燥
暑い日はエアコンが効いた室内にいることが多くなります。
エアコンの効いた室内は湿度を下げるため乾燥していることが多いですよね。
特にエアコンからの送風が肌などに直接当たる場所に長時間座っているほど、肌へのダメージは深刻です。

その3:汗の拭き方が招く乾燥
暑いと私たちの体は自然と汗をかきますが、人間の体は体にたまった熱を汗をかくことで放出し、熱を下げています。
問題は汗の拭き方です。
優しく汗をハンカチで抑えるようにするのはいいのですが、汗が多いとゴシゴシと拭いてしまうこともあるのではないでしょうか。
強く拭くと肌の表面に残しておきたい皮脂を摂り過ぎたり、肌を痛めてしまう原因となります。
また、臭いが気になる方はアルコール成分を含んだシートを使う方が増えていますが、そのシートも乾燥を招く要因になります。

その4:乾燥した肌を無意識に掻く
痒い場所を掻きはじめると、痒みの元になるヒスタミンがどんどん誘発されて、痒みの場所がひろがります。
起きているときは我慢出来ても、寝ているときは意識が行かず、知らないうちに掻いてしまうことがあるのではないでしょうか。

洗顔料は安心して使えるものを

顔の皮膚は薄いために特に顕著に表れてしまいます。
乾燥が進まないように紫外線やエアコンに当たり過ぎないこと、汗を拭く時も優しく拭くと同時に、化粧落としなども肌に刺激のないものに変え、化粧水やクリームなどでしっかり保湿することが大切です。
秋口の乾燥を防ぐには、乾燥を感じない夏から始めることをお勧めします。

ライトスタッフのお勧めする洗顔料は

 

その名も、コズグロスパ アンシェントビューティジェル(洗顔料)です。
温泉に含まれる清浄作用をもつミネラル成分に、美容効果の高い沖縄の「くちゃ」を配合した界面活性剤を使用しない泡立たないクレイ洗顔料です。

汚れ吸着作用を持つ超微細の沖縄「くちゃ」(シルト岩粒子)と、呼ばれるミネラルを豊富に含んだ古代の泥岩と久米島の海洋深層塩を配合し清潔で優しく、しっとりツルツルとした活力のある潤い肌に洗い上げます。『浸透、吸着、洗浄、潤す』すべて無機質ミネラル成分で行うので、使う度に差がつきます。

 

原材料は「水、シルト岩(くちゃ)、カルボキシメチルセルロースNa、ケイ酸Na、リン酸Na、クエン酸Na、海塩(海洋深層塩)、炭酸Na、硫酸Na、香料」とシンプルです。

ちなみにくちゃとは、沖縄でしか採れない5ミクロンの微細粒子の泥岩のことで、汚れを吸着し取り除く性質をもち、ミネラル成分で美容効果をもたらします。

乾燥が進む前に、夏のうちにお肌のケアをしてくださいね!

 

LINE公式を始めました♪
お友達になった方には、お友達限定のお得な情報やクーポン情報、新商品情報などを優先的にお送りいたします♪
友達登録してくださいね~~!

友だち追加

どうぞよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

なばた

株式会社ライトスタッフ マネージャー サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、食事やサプリメントなど、体に合った良いものを口にすれば、おのずと病気も遠ざかります。 そして感謝すること、笑顔でいることを大切にすれば、もっともっと元気で過ごせます。 元気になるための小さなエッセンスをお届けいたします。
タイトルとURLをコピーしました