今更だけど、クスリとサプリってどこが違うの?

いろいろな事
いろいろな事

こんにちは。
ライトスタッフいきいきブログ担当のなばたです。

電話でサプリの受注をお受けしているのですが、「おクスリお願いします!」と開口一番に仰られる方がよくいらっしゃます。
「おクスリではないですよ~~」とお伝えするのですが、粉状のものや粒状のものは薬だと思ってらっしゃる方が多いようです。
今日は今更聞けない「クスリとサプリの違い」をお伝えします♬

お医者様からもらうのがクスリと思うとったんじゃが

薬局でも買えるのう。

 

 

特に気にしてなかったけど、クスリとサプリメントの違いって分からないわ。

サプリメントの定義

サプリメントは「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素を1種類以上含む栄養補給のための製品」と定義されています。
形状は、錠剤、カプセル、粉末、ソフトジェル、ソフトカプセル、液状などで、通常の食べ物の形以外のものとされています。

身体に存在するものかどうか

サプリメントは基本的に栄養素ですから、食べ物からとれるものです。
栄養素は人間の身体にもともと存在し使われている物質です。
これに対してクスリは通常は人間の身体に存在しない物質です。
ビタミンが不足すれば、脚気などの欠乏症になりますが、解熱・鎮痛剤が不足していると言って、熱が出たり頭痛になるわけではないのです。
もともと体内には解熱・鎮痛剤は存在していません。

対処療法と原因療法

クスリはもともと存在している身体のシステムに入り込んでその邪魔をするなどして、例えば熱を下げるなどの効果を表します。
これに対して、栄養素は滞っていたシステムを円滑に動かすものです。
ビタミンCは免疫力を上げることで、風邪の原因菌に対処します。
その結果、熱が下がり頭痛も治るのです。
クスリである解熱・鎮痛剤は対処療法、サプリメントのビタミンCは原因療法なのです。
風邪の原因菌をやっつける抗生物質を使えば、原因療法になりますが、ビタミンCなどの栄養素は身体のシステムを活かした自然な原因療法と言えます。

切れ味がいいかマイルドか

クスリは合成された有効成分のみです。
この違いはハーブを例にするとわかりやすいでしょう。
ジキタリスと言う薬草は、強心配糖体という有効成分を含んでいて、その有効成分は心臓の働きを強めるクスリとして使われます。
そのクスリは中毒を起こしやすいクスリですが、ジキタリスの葉を使うと、いきなり中毒を起こすことなく安全に使える範囲が広くなります。
これがハーブとクスリの違いです。
簡単に言えば、クスリは切れ味はいいが、副作用も強い、ハーブは効き目はマイルドだが副作用も穏やかと言うことになります。

サプリは何粒飲むとかいつ飲むとかのタイミングに決まりはありませんので、体調に合わせて飲むことができます。
クスリは1日何回食前に飲んでくださいや食後に飲んでくださいと用法がしっかり決められています。
クスリは切れ味の良い分、用法や用量はしっかり守ることが大切です。

それぞれの特徴を抑えて、ご自身のお身体と相談しながら上手に使っていきましょう。

 

 

ライトスタッフでは、心と身体をサポートする健康食品を取り揃えております。
良かったら覗いてみてくださいね。

ライトスタッフの健康グッズ

 

LINE公式を始めました(^^♪

お友達になった方には、お友達限定のお得な情報やクーポン情報、新商品情報などを優先的にお送りいたします♪
友達登録してくださいね~~!

友だち追加

どうぞよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

なばた

株式会社ライトスタッフ マネージャー サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、食事やサプリメントなど、体に合った良いものを口にすれば、おのずと病気も遠ざかります。 そして感謝すること、笑顔でいることを大切にすれば、もっともっと元気で過ごせます。 元気になるための小さなエッセンスをお届けいたします。
タイトルとURLをコピーしました